クラビット100mg

 

関連商品

クラビット100mg

クラビット100mgはメーカーが製造を終了しました。

関連商品→クラビット500mgクラビット250mg
クラビット100mgの販売が中止になった現在では、もっとも小さいサイズの錠剤はクラビット250mgになっております。

※この商品は日本以外への発送およびEMS発送には対応しておりません。

アメリカ発送配送無料
到着予定日
クラビット100mgはメーカーが製造を終了しました。
関連商品→クラビット500mgクラビット250mgがあります。
現在の支払い方法
クラビット100mg  (20錠)
カート下画像

クラビット100mg について

製品名: Cravit100mg
一般名: レボフロキサシン水和物
製造元: 第一三共Daiichi-Sankyo(第一三共)
薬効分類: 合成抗菌剤(キノロン系)
日本名: クラビット錠
内容量: 10錠/シート(100錠以外はシート発送)
発送国: アメリカ発送
送料無料メールプラス
受付より2-3週間到着予定
関連の薬: クラビット250mg / クラビット500mg
クラビット点眼液
ジスロマック
ジェネリック薬: レフロキシン
レボクイン250m
レフロキシン500mg
レボマック500

クラビット 効能

淋菌性尿道炎、非淋菌性尿道炎 他

クラビット 作用

クラビットはニューキノロン系といわれる合成抗菌剤で、グラム陽性菌、グラム陰性菌の両方に効力を示すので、内服はインフルエンザ菌、緑膿菌、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフスや炭疽、ペスト、リケッチアなど、広く感染症に用いられます。

クラビット 用法用量

一般的用法(成人)・・・1回クラビット100mg(1錠)を1日2〜3回経口投与。
尚、感染症の種類や症状によって適宜増減する。
重症・効果不十分は、1回クラビット200mg(2錠)を1日3回経口投与する。
腸チフス、パラチフス:1回クラビット100mg(1錠)を1日4回 14日間経口投与する。

クラビット500mg錠について
欧米では、ニューキノロン系抗菌薬の抗菌作用は濃度依存性で、Peak値/MIC値が臨床効果に深く相関し、1回投与量を高め、投与回数を減らすほうが治療成績がよく、さらに耐性菌消失も良好と言われており、疾患に応じて1日1回500mgまたは1日1回250mgで用いられている。

投与は、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最低限の投与にとどめる。

クラビット 禁忌

  • クラビット成分またはオフロキサシンに対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦または妊娠している可能性のある婦人および小児等に対しては、炭疽等の重篤な疾患に限り、治療上の有益性を考慮して投与する。

クラビット 主な副作用

  • 消化器症状 (下痢、腹部不快感)
  • 肝機能異常 (AST(GOT)・ALT(GPT)上昇等)

<注意!>この医薬品 クラビット100mg は国内では医師の処方が必要な要指示薬です。上記薬品の説明文は各製品の販売国においての説明書記載内容(英文)を要約したもので、用法用量などが日本国内の医師・薬剤師の指示とは異なる場合があります。従って輸入医薬品の使用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、詳しくは担当医または薬剤師にご相談下さいますようお願い致します。当社ではいかなる責任も負いかねますことをご了解ください。

ページトップへ
  • 個人輸入代行 始めの方
  • 商品リクエスト
  • 追跡調査サービス
投票(アンケート)
モバイルサイト
モバイルQRコード
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お問い合わせ
クラビット100mg のページをブックマーク